金色財経の現場報道によると、5月31日午後、北京のCocos Expeditionプロジェクトの進捗状況の発表会で、INB資本のパートナー、Cocos-BCX技術顧問尹健辉氏は、現在のゲームアプリケーションは依然としてブロックチェーンネットワークをデータベースとして使用することしかできなくて、全体の徳州ポーカーをサポートすることはできません。Cocos-BCXは、アクリルフレームワークの開発に基づいて、改良されたDPOSの共通認識を用いている。完全に徳州ポーカーをどのようにサポートするか、またEOSとアクリルによって何ができるのかを見守りたい。