中本聡という神秘な人物は、分散式ポイントツーポイントの帳簿を設計して、暗号化のワーク量証明アルゴリズムに保護されている。

 2014年に発表したサイドチェーンの概念は、ビットコインが最も期待されている改進技術である。サイドチェーンが成功すれば、必ずビットコインの価格傾向に相当大きい影響を与える。

 サイドチェーンはユーザーがビットコインを基礎とする違うブロックチェーンでビットコインを移転することを許可するべき。例えば、このような方式の下で、取引のプライバシー性を保護するために、エテリアムのスマート契約に類似した技術を加えればよい、ビットコインのシステムを変えることもない。それらはビットコインの不完全な脱中心化の製品とサービスとして、これまでは実現が不可能だった。サイドチェーンを通じて、ユーザーはあらゆる新しいプログラムの影響も受けることがない。

実現可能なビットコインサイドチェーンはどれがあるのか?

ライティングネットワーク

 ライティングネットワークは「小口支払いチャネル」が複数のビットコイン取引の安全執行を許可し、しかもメインチェーンに影響がない。ここに取引相手のリスクがなくて、あらゆる側が合作を停止し、または/あるいは約束した時間内で応答をしなかった場合、チャネルを閉じることが可能、全ての未完成の取引はメインチェーンに戻され、そこで処理される。

RSK

RSKはスマート契約プラットフォームであり、それはチューリングが完璧なバーチャルシステムが含まれ、その他の例えばもっと速い取引ともっといい伸縮性などのネットワーク強化機能も提供している。これらの機能は新しい応用場面をスタートするだろう。

 エテリアムスマート契約の惨敗に鑑みて、ビットコインを基礎とするバージョンはもっと歓迎に値する慰めを提供する可能性がある。今の時点でどう進行するかを言うのはまだ早いかもしれないが、スマート契約はRSKの唯一のセールスポイントではないかけが言える。