暗号化の過程中に、暗号化アルゴリズムと暗号化プライバシーキーを通じて、公開文に対して暗号化を行い、秘密文を取得する。クラッキングする時に、クラッキングアルゴリズムとクラッキングプライバシーキーを通じて、秘密文に対してクラッキングを行い、公開文を取得する。

 「現代暗号化アルゴリズムの典型的なコンポーネントは、暗号化アルゴリズム、クラッキングアルゴリズム、暗号化プライバシーキー、クラッキングプライバシーキーが含まれる。そのうち、暗号化アルゴリズムとクラッキングアルゴリズム自身は固定で変わることがなく、通常公開で可視的である。プライバシーキーは通常毎回異なり、しかも保護する必要がある、一般的には、同じアルゴリズムに対して、プライバシーキーが長いほど、暗号化の強度が高い。

 暗号化の過程中に、暗号化アルゴリズムと暗号化プライバシーキーを通じて、公開文に対して暗号化を行い、秘密文を取得する。クラッキングする時に、クラッキングアルゴリズムとクラッキングプライバシーキーを通じて、秘密文に対してクラッキングを行い、公開文を取得する。

 暗号化とクラキングのプライバシーキーが同じかどうかに基づいて、アルゴリズムは対称暗号化(symmetric cryptography、または共有プライバシーキー暗号化とも呼ばれる、common-key cryptography)と非対称暗号化(asymmetric cryptography、または共有キー暗号化とも呼ばれる、public-key cryptography)に分かれる。二種類のモードは違う需要に適用し、ちょうどお互い補い合い、多くの場合に組合わせて使用することもでき、混合暗号化メカニズムを形成する。

 全ての暗号化アルゴリズムの強度が何れも数学から証明できるわけではない。公認の高強度暗号化アルゴリズムは長時間に渡って各方面における実践論証を経て、皆に認められたわけであり、それに抜け穴が存在しないと言うことではない。

 だが、あらゆる時も、自ら暗号化アルゴリズムを発明することはあまり理性的な行為ではない。

対称暗号化

 名前を見て意味が分かるように、暗号化とクラッキングのプライバシーキーが同様である。

 メリットは暗号化とクラッキングの効率が高い(スピードが高い、占用するスペースが少ない)、暗号化の強度が高い。

 デメリットは参与の各側にもプライバシーキーを持たないといけない、誰かがそれを漏洩すると安全性が破壊される。また如何に安全ではないチャンネルでプライバシーキーを配るかも問題である。

 対称パスワードは実現の原理から二種類に分けられる:グループ分けパスワードと序列パスワード。前者は公開文を固定長データブロックを切り分けて暗号化ユニットとし、応用が最も幅広い。後者は一つのバイトのみに対して暗号化を行い、しかもパスワードが絶えず変化しており、特定の領域のみに使用される、例えばデジタルメディアの暗号化など。

 代表的なアルゴリズムはDES、3DES、AES、IDEAなどを含める。