IBM は、アメリカのエレクトロニクスに関する大手企業だ。その上で、ブロックチェーンサービスを世界中に展開しており、金融・貿易・クラウドサービスなど様々な方向からブロックチェーンサービスを提供している。 IBMのブロックチェーンに関しては、世界中で利用されていると言っても過言ではなく、既に多くの実績を獲得している状況だ。

 

 

そして、今回アメリカ政府に対して、 IBM の最高技術責任者はブロックチェーンの導入の準備を行うように呼び掛けた。アメリカは、大企業によるブロックチェーン技術の採用や開発の話題は多いものの政府単位でのブロックチェーン技術の採用には至っていない。そのため、今回の呼びかけがブロックチェーンの本格的な導入に繋がる可能性も低くない。

 

・ IBM のアメリカ政府への呼びかけについて

ブロックチェーン技術は、世界中の政府や企業による採用で一定の成果を上げ始めて居る状況だ。特に金融分野における送金などでは、既存のシステムでは真似できない低コスト・速度を提供したうえで、世界の何処にいてもネットワークさえあればブロックチェーンを利用できる。

 

また、医療や物流などに関しても既存のシステムでは管理しきれなかったものがブロックチェーンを応用することで管理できるようになった。そのため、ブロックチェーン技術のメリットは、アメリカ政府の議員にも伝わっており、本格的な採用について検討を始める段階に至ったと言えるだろう。

 

実際、アメリカ政府とマサチューセッツ工科大学などは深く繋がっており、ブロックチェーンの応用に関しても会議を重ねている状況だ。特に、アメリカ政府による規制などには、マサチューセッツ工科大学も多くの意見を述べているだろう。

 

アメリカ政府によるブロックチェーン導入は、まだ検討に入る前段階だと言える。しかし、ブロックチェーンを応用したサービスは増加しつつあり、ドバイや韓国に至っては政府の根幹を成すシステムにブロックチェーンシステムを応用する予定だ。

 

そのため、アメリカも仮想通貨市場を牽引し続ける存在であるために、ブロックチェーンを政府機関で使用する可能性が非常に高いと言えるだろう。