IOV基金会の発表により、ウェブサイト経由で市場にから投げされた「IOVトークン」はIOV基金会が発行したものではなく、スマートカーチェーンプラットフォームに流通価値を持たず、IOV 基金会の公式リリーストークンの全称は「 Internet of Vehicles Coins」、すなわち Internet of Vehiclesトークンであると言われていますが、車運転のビッグデータ共有ネットワークプラットフォームを背景に、ユーザが車両ネットワークデータエコロジーサークルの構築に参加するための資格とデジタル資産であり、スマートカーチェーンプラットフォーム上の流通価値を持っています。IOVCトークンは1億発行されており、「ハニー」ポイントのみで交換、もしくは、二次市場取引から得られます。スマートカーチェーンプラットフォームによるデータ寄稿者にエコ企業に与えられた「ハニー」ポイント、IOVC変換後に解消もしくは消費されます。IOV基金会は、2018年4月8-12日にBitUNアプリを通じて、早期採用者にIOVを配布し、将来、IOVという名前のキャンディだけがBitUNアプリを通じて配布されます。ユーザーはほかのルート(ウェブサイト、wechat等)により獲得したIOVトークンは、本基金会とスマートカーチェーンプラットフォームは関係ありません。IOV財団は、資金を調達するために各種ルートを通じて顧客にトークンを販売しませんので、詐欺を防ぎ、金銭の損害を避けるようご注意ください。