デジタル資産トークン間取引を開発する技術にとって、我々の多くの人はデジタル資産の取引システムが簡単なので、大した機能がないのでは?と考えていた。このような状況が実は非常に普遍的で、取引所の機能が余り理解できていない人もたくさんいる。実は取引所の機能はフロントグラウンドがどんなに華やかなのかではなく、いくら華やかなシステムでも強力なバックグラウンドの機能のサポートがないといけない、さもなければどんな機能でもその役割が果たせない。

 では、トークン間取引システムの主要な機能を整理しよう:

 主には資産管理、会員管理、アドバイス機能、コントロールパネル、運営管理、統計シート、会員購入などの基本機能である。では、これらの機能が取引所においてどんな地位を占めているのか?実は、取引所の機能の中で、我々が知っているように各機能管理モジュールが一つのアプリケーションモジュールに対応している。では、管理取引所に、我々は何れもそれなりの権限が持っている、これらの権限は何の為に設置されてのか?管理員権限は、実は専属の人と専属の項目でモージュールを管理しているのである。

 デジタル資産取引所のバックグラウンドについて、普段我々が自分のチームから言うと、マネージャがあって、主管があって、部下もいる、では、この取引所のバックグラウンドの中で、彼らはどんな役割と担っているのか?これは我々の機能権限に関係する、管理員アカウントを設置して、それぞれの管理に対して細分した管理を行うことである。もちろんこのような等級で分けたモジュールの管理が優れており、全員が自分が管理すべきモジュールを管理すればよくて、他のモジュールを操作することもできない。そうしてこそ一つの取引所の安全性を保証することができる。