5月29日、2018中国電子商取引イノベーション発展サミット「貴陽合意」の記者会見が貴陽で行われた。国の電子商取引の模範都市は専門家の諮問委員会の専門家グループが「貴陽の共通認識」を発表します。 参加者は一致して、中国の製造と品質のアップグレードに努め、中国ブランドの新しいイメージを再構築します。大規模データ、クラウド ・ コンピューティング、人工知能、ブロックチェーンなど新時代情報技術を積極的に応用し、生産のデジタル化、インテリジェント化の転換を実現し、生産効率を高め、製品の品質を向上させ、製品、サービス、ブランドのアップグレードを全面的に実現し、中国のブランドイメージを形成し、中国製の国際貿易でのコア競争を向上させます。