ブロックチェーンは、世界中の政府機機関においても採用される事例が続いている。つまり、各国の政府は、ブロックチェーン技術がもたらすメリットについて認識し、自国の経済や管理などにおいて役立てることを目的としているということだ。

 

全ての事業がブロックチェーン技術を採用出来る訳ではないとしても、既存のシステムのデメリットはブロックチェーンによって打ち消すことが可能だ。

 

そして、今回アラブ首長国連邦(UAE)でブロックチェーンとAI 導入のための構想が発表された。

 

・UAEの構想発表について

2018年11月28日、UAE においてブロックチェーン及びAI 導入のための構想が発表された。構想の発表の目的としては、国外からの投資を促したうえで必要とされるインフラを構築することにある。

 

例えば、UAE では、AI とブロックチェーンをインフラの構築だけでなく教育にも応用していく構えだ。ブロックチェーン技術を採用する限り、定期的なアップデート及び専門性の高い技術者が必ず必要となる。

 

そのため、UAEは国家としてブロックチェーン技術に関して専門性の高い技術者を育成し、同国の基幹システムにおいてブロックチェーン技術を採用していくことを強く望んでいる。

 

また、UAEにおけるこの取り組みでは政府機関だけでなく、ブロックチェーン・仮想通貨の技術に関して企業との連携を図りながらプロジェクトを推し進めていくことを表明した。

 

加えて言えば、UAE は2021年までにあらゆる取引の50%をブロックチェーンプラットフォームに移し替えることを目標としており、国家としても技術の変化で遅れをとらないことを大地にしている。そして、イスラム法に準拠した取引などもすでに完了させており、今後もイスラム法に準拠した新しいサービスを作り上げていくと予想できる。

 

UAEのこの計画は、既に動き初めており、国としての大きな変換期を迎えている。今後、UAEとして世界的な企業のサービスを利用した新しい決済や承認に関するプラットフォームができあがること可能性が高いため、UAEの動向は要注目だと言えるだろう。