新浪財経12月17日のニュースによると、「金融科学技術助力現代金融体系建設」をテーマにした2019第3回中国インターネット金融フォーラムが今日北京で開催され、中国インターネット金融協会ブロックチェーン研究チームのリーダー、中国銀行元総裁の李礼輝氏が出席し、テーマ講演を発表した。李礼輝氏は、ブロックチェーンの技術応用はすでにデジタル金融、モノのインターネット、知能製造、サプライチェーン管理、デジタル資産など多くの分野に広がっていると考えています。ブロックチェーンの技術と産業発展の現状をどう評価するかというと、ブロックチェーンの下の技術はまだ成熟しておらず、規模化の信頼できる応用技術のボトルネックは突破しなければならないと考えています。李礼輝から見れば、デジタル金融の革新的なサンドボックスの実験制度を確立し、デジタル金融業務の監督管理の新しいモデル、新しい規範を積極的に探求する必要がある。デジタル金融建設においては、国際ルールと標準に関する発言権と主導権を積極的に参与し、かつ努力し、国際監督管理の協調を強化し、監督・コンセンサスの達成を促進し、統一したデジタル金融国際監督管理基準を確立しなければならない。