科学技術の発展に伴い、ブロックチェーン技術は徐々に軌道に乗り始めた、本文は主にエテリアムDAPPプロジェクトに基づく開発環境を対象にし、windowsにおける快速に環境配置を構築する方法をまとめ、主にNode.js、geth、solidityコンパイラ、web3とwebpackのインストールと紹介から出発し、我々の作業と学習でのインストールの時に必要のないトラブルを避け、開発作業の難航を解決することを目的とする。

 エテリアムDAPPの開発環境は二種類あり、一つはオンライン開発環境Remixであり、もう一つはローカル開発環境である。

 Remix:ローカル開発環境に比較すると簡単であり、直接solidity(ブラウザー)でスマート契約をプログラミング、調整することができる。ウェブサイトのアドレス:https://remix.ethereum.org/、直接開ける。

 ローカル開発環境:自分独自の業務システムとの交互が必要、これには自分独自の業務システムのロジックプログラミングができるDAPPが必要となる;環境の組合せは両者に一つの交互したプラットフォーム或いはスペースを構築したことに相当する。

1、Node.jsのインストール

公式サイトhttps://nodejs.org/en/にアクセスして、「downloads」をクリックしてダウンロードページに入る。我々は公式でサポートされる8.11.1LTSバージョンを使用し、自分のコンピュータのオペレーションシステムの配置により対応するインストールパッケージを選択し、32ビットのインストールパッケージは32ビットのシステムにも、64ビットのシステムにも使用できる。もし自分のオペレーションシステムが64ビットだと確認した場合、64ビットのインストールパッケージを直接ダウンロードしてインストールしてもよい。

 ダウンロードが完了後に直接インストールできる。インストール完了後に、nodeが使用できる:

clip_image003.jpg

 インストール後にPATH環境変数にNode.jsが配置されているかどうかをチェックする。スタート→運行をクリックして、「cmd」を入力してから、「path」というコマンドを入力して、その結果は下記の通り:

clip_image002.jpg

 我々は環境変数にすでにD:Program Filesodejsが含まれているのが見える、Node.jsとnpmバージョンをチェックし、直接コマンドラインに「node –v・と「npm –v」を入力する、下記図の通り:

clip_image001.jpg