Binance は、世界でもトップクラスの取引高を誇る仮想通貨取引所であり、現在でも世界中の投資家や仮想通貨ユーザーに絶大な人気を誇る。

 

そして、今回サミットでBinanceのCEOであるCZ氏は、仮想通貨取引所の在り方や姿勢などについて見解を述べた。先日、CZ氏は仮想通貨取引所の運営は、世界で最もリスキーなビジネスだという趣旨の発言も行っている。

 

・CZ氏の仮想通貨取引所への見解

仮想通貨取引所の経営における問題は多数存在する。国の規定や法律などに対する法的な理解、仮想通貨取引所の中でのサービスの独自性、サイバー攻撃に対するセキュリティ、内部端末の監視・統制などだ。

 

例えば、日本の仮想通貨取引所の多くが金融庁の業務改善命令を受けた背景には、日本における巨額のハッキング事件がある。もっとも、巨額のハッキング事件が起こらなくても金融庁の監査であれだけ多くの問題が発覚すること自体が大きな問題と言えるだろう。

 

また、仮想通貨取引所の大きさにかかわらず、仮想通貨取引所は常にサイバー攻撃の対象になっている。法的な規制をかいくぐって仮想通貨取引所を運営できたとしてもセキュリティを万全に保てなければ、信頼は失墜する。くわえて、仮想通貨取引所の取引高が高ければ高いほど、市場の仮想通貨に悪影響が出る。その為、CZ氏は仮想通貨取引所について、資産・金融の分野でも過酷なビジネスだと評した。

 

もっとも、CZ氏は仮想通貨取引所に対して大きな期待を抱いている。国や地方自治体と共同して新たなプロジェクトや雇用、サービスを創出できる可能性を持っている。つまり、仮想通貨取引所の運営は、あくまでも利潤目的であるものの、政府や関連機関と協力しながら運営していくことが好ましいと言えるだろう。

 

Binanceは、マルタに拠点を移し、国と共に成長を遂げていくことが予想されている。加えて、Binanceは全世界に向けたサービス展開も視野に入れており、マルタを拠点とした巨大企業になる可能性が非常に高い。今後のBinanceの動向も要注目だと言えるだろう。