8月7日午後、Telegam生放送グループは貨幣安から漏れた疑いのあるユーザーKYC資料と写真を発表し、再びユーザープライバシーの安全に関する議論と注目を集めた。
ゴールドファイナンスの最初の時間は、事件を調査し、リアルタイムの関心を維持します。
今回のKYC資料流出の背景には、年初の釣り詐欺事件のニュースがある。IEOの期間中の情報転売の宣伝ですか?それとも取引所の情報は安全ではないですか?元安KYC資料流出?Gadia MというニックネームのユーザはTelegamに「FIND YOUR BINANCE KYC」のライブグループを設立し、貨幣安から漏れた疑いのあるユーザKYC資料と写真を生放送で送ります。
金の財経の発表を締め切って、生放送群はすでに千人に達して、生放送の中で現れた疑いのあるKYC情報は2018年2月24日の写真です。
中国、ベトナム、日本などの多
(図は金色の財経でTelegamグループ内の資料情報を切り取ります)金色の財経はTelegamを通じてGuadia Mにインタビューを送りました。KYC資料の出所と時間などの問題に対して、Gadia Mは「moe uploads」のみに返事します。
これ以上の対応はなかった。
(金の財経記者とGuadia Mの対話)貨幣安は、これらの資料が貨幣安資料から漏れたということはまだ証明できないということで、業界の関心を集めています。貨幣安微博は、関連する電報群に伝播されたKYC資料と貨幣安システムにおけるユーザーKYC資料の情報が一致していないと指摘しています。貨幣安
貨幣安の内部情報は全部電子透かしを採用しました。ネットに伝播されたこれらの写真は貨幣安特が定めた電子透かしがありません。
現在の資料の出所はまだ分かりませんので、元安安全チームは全力を尽くしてこれらの資料の真実な出所を確定します。
続いて、貨幣安が発表した公告によると、ネット上に伝播された画像について初歩的な審査を行った後、すべての画像の日付は2018年2月であることが分かりました。
この間、仕事量が多いので、貨幣安は一週間に一部KYC審査を第三者サービス会社にアウトソーシングしました。
現在、第三者サービス会社とすべての情報を確認しています。
ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。引き続き調査を行います。
貨幣安の公告も資料の出所を証明することができません。まだ調査中です。
しかし、貨幣安公告でKYCの審査アウトソーシングが第三者に委託されたという話はすぐにユーザーからの質問を受けました。ブロックチェーン業界でのアウトソーシングは信頼できなくて、第三者が鍋を背負ってしまいました。貨幣安の公告で言及された不明者のロープウェイ事件について、金色の財経がGuadia Mにインタビューしましたが、相手はこの公告に対して関心を持っていませんでした。
(金の財経記者とGadia Mの対話)漏れたKYC資料の出所はいくらですか?事実,資料流出事件はとっくに目鼻がついている。
8月6日、大量の貨幣圏のユーザーは、貨幣安、火元などのプラットフォームのカスタマーサービスと称する電話を受けました。
これは取引所に詐称した詐欺電話であることが確認されましたが、情報漏洩の元は謎解きの問題になりました。
この背景には、ユーザーが、貨幣安などの取引所や第三者のサービス機関から情報が流出したと疑われる理由があります。
その後、貨幣安連合の創始者の何一は「最近は貨幣安、火元、ok、ビット大陸のものがとても多いです。
どの家の情報が一番いいかどうかの鑑別方法としては、ある携帯電話の番号があるプラットフォームにしか登録されていません。
第三者のプラットフォームに情報を残したという人もいますが、全体的には容疑の範囲が広いです。
また、何はTGで競合品を買うかどうかの問い合わせを受けたという。
IEO期間のネットKYC資料の転売の災いですか?今回のKYC資料流出源はどこですか?注意すべきなのは、市場には多くの貨幣安IEOの間に情報が逆売されているスクリーンショット文書が伝わっています。
(元安IEOの期間中にネットでKYC情報を転売した)?これにより、元安が今回のKYC情報が貨幣安から流出したことを証明できない理由があると指摘されています。
古いうわさをもとにして新しい宣伝を起こす?一方、Pimitive Vetuesの創始パートナーの万卉(Dovey Wa)は、マイクロブログを発表しました。Biace KYCデータの漏えいは年初の古いニュースです。どうしてまたひっくり返されましたか?当时は大熊市にいました。
今Telegamグループの中のは目を見ましたが、全部漏れたパスポートKYCの時間です。新しいパスポートがないようです。
年初のニュースについては、今年の初めのニュースは最後に釣り詐欺です。あなたをだまして資料を漏らして、貨幣を両替させます。
今回の資料の時間は前回と同じように見えます。古いニュースフィッシング詐欺、IEOの期間KYC情報の転売、そして無貨安による「電子透かし」の追加…KYC情報が貨幣安から漏れたとは証明できませんでしたか?市場のユーザーは「ウォータマーク」を疑問視していますが、市場のユーザーは明らかにこれに対しては買わないです。
KYC流出は古いニュースです。言い方が違っても、情報漏洩は大事だとユーザーは指摘しています。
さらにユーザーからの質問があります。手帳+手書き貨幣の安と日付は、どうやって証明されますか?
また、電子透かしの言い方もユーザーの承認を得られませんでした。
あるユーザーが指摘しました。電子透かしを打つ前に、先に元のファイルを受信して保存してはいけませんか?説明は元のファイルライブラリが漏れています。
この時ウォータマークの話は耳目を混乱させるのではないですか?これに対して、金色の財経は360の高級安全専門家彭屹醸を取材しました。
彭博士は金色の財経に対して、デジタル通貨を盗むより高い権限が必要です。普通の審査員はKYCデータを見る権限があります。
ハッカーの侵入貨幣はコアKYCデータを盗み取る可能性があり、実際の数字通貨よりも容易である。
電子透かしに対して、貨幣安のこの言い方は一定のロジックがあります。
でも、その真実性を鵜呑みにしてはいけません。
?貨幣安微博は声明を発表しましたが、市場ではまだ多くの疑問があります。金色の財経の発稿まで、貨幣安はまだ回復していません。
金の財経はこの件に対して持続的な関心を持ちます。
金色の財政経済はユーザーに注意します:資産の取引の安全は重いです。