今日未明、関係者の発信によると、現在Hadaxでの投票ランキング一位のプロジェクトTOSは類似する2つのオフィシャルサイトが現れ、そのうちドメイン名がtos.linkのプロジェクトは人気を借り入れるため現れたと疑われたという。「貨幣世界」はtos.linkをクリックした、ウェブサイトではTOSは中心を完全に排除した高速公共チェーンである、また6月28日にICOを実行する、ウェブサイトのトップページでは顕著でない小さい文字で書かれた一行がある:TOS.linkはTOSChainと異なるプロジェクトである、投資家に識別に注意を払うよう警告したという。しかし、以前5月8日、 TOS 財団の公表によると、EOSプロジェクトはどのエアドロップ活動にも参加していない、真偽を見分けるようコミュニティのメンバーを注意したという。TOS財団はまた公表では自社の公式ウェブサイトはToschain.Orgであることを強調した。