Nervos Networkは今日、2800万ドルの融資を完了しました。その中で、紅杉資本中国基金と万向ブロックチェーンが投与され、中国、九合創投、峰瑞資本、Polychain Capital、Multicoinなどの機構が投資に参加している。Nervos Networkは、「暗号化経済のエンジン」になることに力を入れて、企業が独自のブロックチェーンのインフラストラクチャを維持する必要がなく、構築と配置を中心化することができる。その創始チームは、イーサリアムやimToken、クラウドコインなどのコアメンバーで構成されている。聞くところによると、多くの融資はNervos Networkに使用して製品と壮大なチームを構築し、その企業のブロックチェーンソリューションの開発と戦略協力パートナーの開拓を加速するという。現在、NervosのアプリケーションチェーンAppChainが発売されています。低層チェーンのNervos CKBも開発中で来年にオンラインする予定です。