市場には少なくても数千種類の暗号化通貨があり、その機能によって分類すれば、機能性トークンと証券性トークンの二種類に分けられる。

 現在市場に少なくとも数千種類の暗号化通貨がある、全体からみるとそれらは何れも同類であるが、具体的な機能、用途に基づくと、また二種類に分けられる、一つは機能性トークン、もう一つは証券性トークン(或いは投資性トークンとも呼ばれる)、それらにどんな区別があるのか?

 まずビットコインを説明しよう、それこそは典型的な証券性トークンである、ビットコインは株式、証券と類似しており、主に投資理財に使用される、ビットコインの富を創造する神話はもう言うまでもなく、アメリカ、日本、シンガポールなどの暗号化通貨が合法化されている国では、ビットコインは一般的に証券として見なされ、証券管理監督部署により管理されている。なので、ビットコインのような主に投資理財に使用され、証券属性がある暗号化通貨は、証券性トークンである。

 それから機能性トークンを解説しよう、簡単な解釈は具体的な機能と使用場面がある暗号化トークンのことを言う。それをテンセンQQQトークンと理解すればよい、ウェブゲーム中の金銭に類似したものである。一つのブロックチェーンアプリケーション、ブロックチェーンシステム或いは生態の中で、もし中にあるトークンに実際の作用があり、例えば支払い、投票、権利確定、賞与、或いは某権益に証票として使用される場合、それらは何れも機能性トークンに当てはまる。

 大半のブロックチェーンプロジェクト白書の説明のよると、それらのトークンはほとんど具体的な機能と使用場面があるので、一般的に機能性トークンに該当する。

 しかし、もしブロックチェーンプロジェクト自身の進展が遅いと、永遠に着地できる日が来ないかもしれない、そうするとこれらの「機能性トークン」は名実が相伴わず、いわゆる機能と応用場面が実現できない、その場合名義上は機能性トークンであるば、実際は証券性トークンである。

 なので、機能性トークンと証券性トークンは定義として非常に明確だが、多くのブロックチェーンプロジェクトがまだ着地できてきな情況では、画定が難しいのである。

 それから、USDTなどのような法的通貨をアンカーした暗号化通貨もあるが、価値が安定しており、一般的に暗号化通貨取引中の「法的通貨」の役目を担っているので、明らかに証券性トークンではなく、それを機能性トークンに当てはめたほうが合理的である。