ビットコインキャッシュがビットコインから分岐した時に、もしあなたの手元にビットコインがあれば、1枚のビットコインに1枚のビットコインキャッシュが届く。重要な区別は、全ての分岐に必ずマイナーと開発者のグループがいる、彼らは各自の分岐コインを彼らが最もいい方向へ導くように力をいれており、しかも何れも各自のコミュニティの支持を得ている。

 重要なのは誰も損しない――二種類のトークンを同時にホールドして、どの分岐が勝ち抜くのか或いは採用範囲が最も広いのかを見ることが出来る。もし分岐した後に1枚のコインを買うと、他の分岐に勝ち抜かれるリスクがある。なので、私はこれらの全ての分岐の最終結果が見えてくるまで、自分が持っている全てのトークンを売らないように強くお勧めする。例えば、私は手元にある全てのビットコインに対して、少なくても1枚のビットコインキャッシュを保留したほうがよいと思う。

 私はビットコインの分岐に対して悲観的な態度を持っている、その理由は非常に簡単、つまり誰も「ビットコイン」というブランドを持っていない。これは非常に面白い話だが、信用されていないグローバル性のオープンソース環境の中で、人々は政府管理から脱出したソフトを構築して価値と金銭の脱中心化を実現しようとしている、なのに管理或いはコントロールがなければ、誰でもオードを分岐させてビットコインの変体を創立することができる。だが、助けが求められる政府機構が一個もないのは風刺的である。

 これも分岐が膨張する問題を引き起こした原因である(架空でもっと多くのトークンを創造する)――現在の市場では多種のビットコインが現われている、しかもビットコインキャッシュはかなり大きな市場シェア(約400億ドル)を占めている、彼はビットコインの市場主導地位を弱化し(分岐は代替オプションがあると意味するから)、もう一本のチェーンの為に2,100万に相当するトークンを創造/移転した。今の人々は新しく現われた分岐に戸惑いが感じているが、私は全てが最終的に合理的になるかと思っている。

ビットコイン

 中本聡がその白書で定義したように、現在ビットコインは最も長いワーク量証明チェーンである。該当チェーンは株式コードBTCの元で行う取引により公正されている。その核心開発チームにオープンソースの性質があり、あらゆる人は参与して、アドバイスが出来る。

ビットコインについて、核心開発者の理念は下記の通り

1、完全ノードを運営する能力が重要、個人はこの能力を獲得するべき。なので、たくさんのマイクロ取引を通じてブロックチェーンの容量を拡大すると、ブロックチェーンは普通の個人運行ノード及びその取引への認証にとって容量が大きすぎて、費用も高すぎる。

 2、政府の管制から脱出するために、ビットコインは改竄不可の属性がないといけない、なので提議を提出するのにプロセスが必要で、しかもコンセンサスの変更は、今みゅにティメンバー、核心チームがもっと意義がある討論を行う必要があると意味するわけではない。ユーザー/ノードでコンセンサスが達成していない限り、だれも変更できない。

 3、ビットコインの安全はマイナーがマイニング奨励から充分の金銭が稼げるように確保することによって維持しているが、人々は各ブロックが発行している新しいトークンが何れも一つのインフレ形式だと普遍的に認識したいるので、これらのトークンが全部消耗されると(2140年)、新しい費用市場(fee market)を設立して充分の取引が発掘できるように確保し、マイニングの利益を保ち、ブロックチェーンの安全を確保する必要がある。

 4、重要なのはノード/ユーザーである、マイナーは努力してビットコインを発掘するのと取引からトークンの報酬を得ているだけである。彼らはルールを設置せず、ルールを変えることもない。軟性分岐(ユーザーアクティブ軟性分岐)はすでにビットコインプロトコルを更新する基層メカニズムだと証明されており、それはマイナーの支持を獲得する必要がない。

 5、ビットコインは第二レベルのネットワーク(例えばライティングネットワーク)で拡張を実現する必要がある、そうすると第一レベルでブロック容量の拡大に対する依存を除去することができ、しかもブロック容量の増加によって形成する中心化レベルは審査に抵抗する為に必要な最適中心化のれべるより高い。第二レベルで拡張を行う考え方は:1Mbのブロック容量外で取引することである。これは1Mbのブロックチェーンは決済エリアとされ、第二レベルの取引の処理に使用されることを意味する。