フランスの財務大臣Le Maireは、フランスがブロックチェーンや仮想通貨の中心になってほしいと言っている。これはLe Maireの仮想通貨に対する最初の発声ではない。実際に3月からフランスの財務大臣は、複数の仮想通貨やブロックチェーンに対して非常に明確な態度を示しており、G20では世界経済におけるお金の仮想通貨化の重要性を強調した。政策では、45%から19パーセントに仮想通貨の税は個々 のトレーダーに対して下げられた。仮想通貨を開始して、関係の枠組みを制定し、国際的に「一致した答え」を持つよう呼びかけている。これは、Le Maireおよびフランスの公式仮想通貨に対する一貫した態度となっている。フランスが世界の仮想通貨センターになってほしいという態度によって、フランスからヨーロッパへ向けての仮想通貨化の潜在力がさらに見込めるようになりました。フランス、ドイツはずっとヨーロッパ大陸の経済中心に焦点を当てていて、ヨーロッパに対する牽引作用は非常に重要で、フランスは仮想通貨化への肯定的な態度でヨーロッパのブロックチェーン産業と仮想通貨規模の新たな成長時期を迎えている。