アカウントシステムは全体のプライバシー取引の基礎であり、ワンチェーンは使い捨てアカウントメカニズムを採用している。例を挙げると、Aliceはワンチェーンに一つのメインアカウントがあり、それに派生アカウントを添加した。その後BobはAliceのこの二つのアカウントに基づいて、彼女に使い捨てのアカウントを作成してあげることができる(作成のプロセスはコンピュータ関数を通じて実現)。この使い捨てアカウントのプライバシーキーは、Aliceメインアカウントと派生アカウントのプライバシーキーを通してしか生成できない。その二者がないと、他人はこの使い捨てアカウントを開くところか、見つけることさえできない、なのでそのプライバシー性と安全性が保証された。

 そしてリングサイン方案は、取引者に匿名の能力を与えることができる。具体的にどうやって実現するのか?

 Bobは一部の資産をAliceの使い捨てアカウントにチャージした後、取引を発起するために、燃料費を支払う必要がある。それからBobがすでに燃料費を支払った証明として一枚の切手を買う。切手を買う時に彼がAliceに切手を買ってあげた使い捨てアドレスを提出しないといけない。この切手を買った後、スマート契約は切手の価値に基づいて、あなたが提出した使い捨てアドレスを一つの切手集合に導入する、この集合にあるのは全部同じ価値の切手である。では他人から見れば、この集合にある取引が全部同じである――Bobの取引が同じ取引に隠されていると意味する。するとこの取引が匿名をじつげんした。その後、このたくさんの見た目が同じ取引の人が、各自の取引に対してサインをした後、取引が発送される。

 このような技術のサポートを得て、ワンチェーンにある取引がプライバシーの保護を実現したのである。

 ワンチェーンの最後の特徴であるスマート契約と言えば、皆がこの概念に対して非常に熟知していると思うので、技術の面からこれ以上解釈する必要がないのだが、スマート契約はワンチェーンの「分散式スーパー金融市場」を実現する科技である。デジタル通貨が幅広く受け入れられた取引媒介と価値保存の担体になっているに伴い、デジタル通貨に基づく賃借、決済、両替、ひいては投資、融資行為は、何れも益々良く見られるようになる。そしてこれらの行為は、理論的に何れもプログラム可能なスマート契約を通じて実施可能となる。

 次からは、もしワンチェーンが本当に将来の現実で計画通りにうまく行けば、それがブロックチェーン金融アプリケーションの基礎施設になる可能性がある;今みたいに、アリババがすでに中小電子商の基礎プラットフォームになっているのと同じである。

 前文では、我々はワンチェーンのビジョンを「分散式の将来銀行」と例えた。しかし実際は、これらは何れも既存の概念で十分認知できていない事物を解釈している。ブロックチェーン技術はもし本当に全面的に展開し、応用することができるなら、それが必然的にかつてのインターネット技術と同じように、新しいビジネスモードとビジネス概念を生むことができる。例を挙げると、アリペイはすでにたくさんの昔銀行に専属していた職能を履行しているが、それはインターネット支払い技術に基づいて生成した中心化支払い機構である。

 ワンチェーンの基礎ベースに依託して、新しい脱中心化した金融業務モードが生まれるかもしれない。