TokenInsightのデータによると、EOS一日平均は4月上旬のレベルで、総アドレス数が2日連続で4742と4830%減少した。公式サイトは先週より26 %低下し、先月より46%低下し、今年の最低に下がった。慢熊市場では、コードのリークなどの悪いニュース情報に伴い、EOS価格はパニック状態になっている。投資家は、取引量を静観することができます。また、OKEX取引所EOSの「先物取引量/持ち倉量」は10.75倍で、BTCの1.92倍とETHの4.25倍以上になり、EOS先物はより少ない資金でより多くの取引量をこじ開けたことが明らかになった。BCtrendアナリストによると、通常の先物取引の割合は15%~30%で、つまり総資金の1.5倍~3倍で、EOS資金の平均は9倍になるという。