タイトルJPG.JPG

 今回、行われたFive Colors Coin による事業説明会MIKADO Gamesとの共同事業を展開しており、ICOによる資金調達を不要とした実力派プロジェクトだ。

まず最初に行なわれたのはイベント後半でイベント参加者によるゲーム大会も用意されている。ため事前に参加者にはQRコードで手持ちのスマートフォンにイベント大会用ブラウザゲームの練習時間を設けていた。


 Fivecoloregameが持っている理念関して、スマホを使ったカジュアルなeSportsを展開することを目標としている。このカジュアルの意味合いは、誰でも簡単に出来るため従来のeSportsのようなプロの世界といった狭い分野ではなく、一般ユーザーでも気軽に参入でき、楽しめる仕様になっている。具体的にはゲームプラットフォーム内のゲームで不定期にイベントや大会を開催し、プレイヤーは対象のゲームにおけるスコアの獲得値などを競う形になる予定だ。また、ゲーム内容においても、あらかじめ乱数によって確率が決められたスロットゲームのような形式ではなく、パズルゲームのようなプレイヤーによる技量が試されるシステム”スキルゲーム”があらかじめ組み込まれているのが、魅力だ。

 

事業内容について

 

 Five colors coinはブロックチェーン技術を取り入れたプロジェクトではあるが、他のICOプロジェクトとは決定的に違った面を持っている。まず、ICOによる資金調達を行わない点であって、これは、去年から続くICO資金調達において、プレセールを行なった後、投資家が投資したトークンを上場と同時に売却してしまうため価値が下がってしまうためで、これによってそれによる市場下落後退とイメージの悪化、一般の人から嫌悪にされつつあるからである。そのため、コインとしての価値を保持するため、ICO資金調達を行う事なく事業拡大を行いコインの価値を高めていく方針だ。

事業の拡大に関して、既にベースとなるビジネスモデルが完成している。内容としては既にグループ会社でコイン開発から上場準備までを進めている。また、ゲームコンテンツの開発をMIKADO Gamesが行なっており、プラットフォームなどの点においては既に展開している。また上場してから、ゲームユーザー獲得と並行してコイン販売をを行なっていく方針だ。

 また、オンライン市場における顧客に関しては、対象がスマートフォンユーザであるため全世界規模を視野に入れた場合、約20億人以上規模の市場が見込でおり、事業内容もカジュアルゲームに基づいている為、一般層が気軽にできるコンテンツが多く通信環境があまり良くない地域でも展開が可能だつまり、プロジェクトにおいて、これからではなく既に事業展開ができていることが最大の特徴だ。

 

 GLIの第3者機関による オンラインゲーム用のカジュアルスキーム試験におけるカジノ認可。

まず、オンラインゲームに関しては裏で運営側によるチート行為がされる恐れがあるためだ。例えば、日本国内で問題視されているのが、例えばガチャ課金などで、一応の排出表などを運営側は掲載しているが、その一覧表に保証など全く無いのが現状だ。他にも、オンラインカジノなどでこの不透明な要素に正当性を証明させるのが”GLI”だ。こういった正当性に関するライセンスは国などを挟んで国際的な審査を経て発行するケースが多い。GLIは国際的にこのライセンス発行において世界最大の機関でそのシェア率は約90%である。なぜこのライセンスが必要かというと、元々ランドカジノ(ラスベガスやマカオなど、建物の中にあるカジノ会場を指している)では反則的な行為(例えば、ブラックジャックなどで配るカードを意図的にかえるなど)に対して正当性のある審査を受けてライセンスを取得していることにある。これは人による行為であるため、反則的な行為は困難であるが、オンラインによるプログラムについては保証ができない。そのためこのGLIは開発された、プログラムエンジンに対して、審査を行いテストをする、これによって正当性が認められれば正式にライセンスの取得がなされる。またこの認可されたプログラムに関しては開発者および運営側も改変することが禁じられており、もし万が一改変された痕跡が見つかれば、即ライセンスの取り消しが行われる厳密な機関である。

GLIによる審査が求めている項目は以下の通りだ

1公平性、誰がプレイしても公平な結果が出ること

2通信、ユーザーとゲームプラットフォーム間でのやり取りが全てレポートされているか

3不正的な行為がされていないか

などである。

また、この審査項目に関しては、開発メーカーにテストプログラムの作成を依頼してテストを行なった上で、基準に該当していれば正式にライセンスが降りるようになる。GLIは日本市場においては2015年に日本支社を設立しており、2018年の夏にパチンコ・パチスロ業界における審査に関して行政から認可を受けている信頼のある機関だ。

 

Five colors  coinにおけるコインの流動については基本的にプレイヤーがゲームをするにあたって、BETをかけることでコインを獲得することができる、このコインを使って再度ゲームをすることもできれば、上場もしているため交換所で引き換えることも可能だ。また、プラットフォーム内でイベント大会も企画しており、このイベント内容は一般層でも気軽に参入できる”スキルゲーム”を導入したカジュアルeSportsなので流動性に関しては活気付かせることができる。その他の事業に関して、開発されたゲームコンテンツを他の企業にレンタル権利を販売する降ろし業務も企画している。この企画に関しては、認可されたエンジンプログラムを別の会社に貸し出すことになるが、レンタルする企業のニーズに合わせてエンジンプログラム以外をカスタマイズすることができる。このカスタマイズに当たって、要望があればビジュアルやプレイヤーのアバターなどを追加してプログラムエンジンに組み込むことができるが、カスタマイズされたプログラムに関しては再度、審査を申請する必要があるがこれも正当性を保証するためである。

 

イベントの第二部では来場者参加型のゲーム大会が開かれた。


03.JPG

登壇するプロゲーマーの池辺氏

三国志のゲームで世界一位

Iハーフライフではコンパインソルジで全国1位を獲得している。


イベントの第二部では来場者参加型のゲーム大会が開かれた。

司会の中心を勤めるのはプロゲーマーの池辺氏だ。

池辺氏はFive Colors Coinの専属プロゲーマーで、ゲームセンターにあるカードゲームを使用したオンラインゲーム三国志で世界1位を獲得した実力派だ、そのほかにもIハーフライフなどでも1位を獲得している。プロゲーマーとして、主な活動は様々なゲーム大会に参加しプロゲーマーのチームを持って所属しているFive colors coinの広報に貢献するのが重要な役割だと語った。また、eSportsの業界において、プレイヤーのプロとしての技量が試されるとともにスポンサーから多額の賞金が用意はされているが、プロ業界であるがためにその門は狭き門となっている。だからこそ、一般のユーザーが気軽に参入できるカジュアルeSporは家に居て、軽い気持ちでエキサイティングな体験をできる最高のエンターテイメントである。同氏は、このイベントにおけるゲームの戦略面における、解説を行った。現代において受動的にスポーツ観戦でエキサイティングをを感じることができるが、自分自身が主人公となって大会に勇しく戦える場があってもいいのではないだろうか。

この登壇の後ゲームイベントが開催された。


06.JPG

(ゲーム大会開始と同時にスマートフォンに注目する参加者、老若男女問わず参加できるのがカジュアルeSportsであることが実感できる)

05.JPG

(参加者の上位者には景品が贈られた)

最後にビットコイン界の有識者である坪本氏のスピーチがあった。

杉元氏.JPG

坪本氏はビットコインなどの仮想通貨が一般層に話題になる前から活躍していた人物で月刊仮想通貨やインターネット検索でも予測検索欄にもランクインしている。同士が提唱したのは仮想通貨業界においてICO資金調達が行われ、その価格の乱高下によって一般層に対して混乱をもたらし資産を失った、実例を上げれば一般の質問で、どのコインを買えば儲かるかなどの質問があったほどだ。これに対してはICOプロジェクトに実績があり業績が上がれば長期的に価値は上がっていくとした。また、本位イベントでも話題となった、esportや仮想通貨に関しても日本は遅れをとっていると語った。また、Five Colors Coinに関しても、1、2ヶ月での目線で見るのではなく、数年先を見越して長い目線を持って考えるべきだと結付けた。確かにICOに関してここ最近SNSなどで詐欺的にすぐに儲かるなどと歌って資金調達をしようとしているが、そもそも数ヶ月で世界的に有力な企業が弾頭した試しなどない。この先、仮想通貨に関する投機に対して知識を持って長期的な目線が必要ではないだろうか。また、日本国内ではまだ一般層から反感されているゲームによるesportに関しても今後、体を張った競技と頭脳を使った競技が将来的にこのFive Colors Coinが構想するカジュアルesportによって一般層にも承認されるだろう。