コインネスの著者の分析により、BTCがブレークスルーして失敗した後、再び下降トレンドに戻る傾向を示し、50日間の移動平均($ 8291)を2回下回り、連続的に平均ラインを上回れば、回帰を待望することが可能だと言われています。また、降下トレンドライ(5月6日〜11日のハイポイント接続)を突破し、安定させることが可能かどうかは、最近の傾向を判断する鍵でもあります。現在、4時間のラインがボリンジャーバンド下回り、修復を完了している間にこのストレスをテストする機会はまだあります。フィボナッチまで50%($ 8212)、約7792ドルに下落すると見込む。総じて言うと、BTCの修正は変更されておらず、低ショックは短期間の運転にとってより危険であり、現在、適切なエントリーの機会がないと判断します。