外国メディアの報道によると、連邦準備理事会(FRB)のLael Brainard監督は、火曜日に、仮想通貨が「厳しい」挑戦をもたらしたと語った。 彼女はまた連邦準備制度がこの分野に参入する可能性も否定した。これに関しては、今のところ連邦準備理事会が仮想通貨に対しての最も激しい批判となります。 Brennard氏はまた、サンフランシスコで開催されたFEBの会合で次のように述べている。「FEBが仮想通貨を発行すべきであるという証拠は求められていない。 中央銀行による仮想通貨の発行は、現在のいくつかの仮想通貨が直面している問題を解決するかもしれないが、仮想通貨は情報セキュリティ、マネーロンダリング防止、および小売金融システムなどの他の大きな課題に直面しているのが現状だ。