Ripple は、仮想通貨の中でも拡大傾向の強い仮想通貨だ。例えば、Ripple を使った国際送金ネットワークであるRipple ネットやブリッジ機能を主としたXRapid など、2018年だけで見てもRipple に関する提携の話題は尽きない。

 

対して、三菱UFJ 銀行は独自のブロックチェーンと仮想通貨を開発・研究した上で、すでに利用可能なシステムを構築している。つまり、三菱UFJ 銀行はブロックチェーンや仮想通貨に対する技術力をすでに有していると言えるだろう。

 

その上で、三菱UFJ 銀行はRipple を使用した国際決済サービスを開始する予定だ。

 

・Ripple を使用した国際決済サービスについて

三菱UFJ が開発に取り組む国際決済サービスは、ブラジルの現地法人MUFGバンクとブラデスコ銀行が協力して行う。

 

三菱UFJ は、アカマイテクノロジーズと共同して作成した独自のブロックチェーンを有している。処理能力に関しては、あらゆる仮想通貨の中でもトップクラスであり、Ripple の処理能力を超えるほどだ。

 

しかし、Ripple を使用するということは、Ripple のブリッジ機能や手数料の低さを考慮したと見ていいだろう。実際にRipple をどのように使用して国際送金ネットワークを構築するのかは発表していない。

 

Ripple に関するプロジェクトの本格的な始動やSBI Ripple ASIA など、Ripple を取り巻く環境には好材料が多い。そして、三菱UFJによる新しいプロジェクトもRippleに対する好材料の1つとなり得る可能性がある。

 

・三菱UFJとRipple

三菱UFJ銀行は、Rippleネットにも参画している。つまり、かねてよりRippleのネットワークやシステムについて、興味を示しており、独自の技術の研鑽を重ねていることから、更にRippleには利用するメリットがあると感じた為に今回の国際決済サービスの発表に踏み切ったとみていいだろう。

 

また、Rippleを取り巻く環境として、国際決済に対するプラットフォームは増加しつつある。SWIFTとMicrosoft、StellaとIBM、JPモルガンの決済プラットフォームは全て金融機関を対象としている。つまり、将来的には、あらゆる国際決済プラットフォームは競合するか部分的に特化するかのどちらかに分かれることになると言える。今後は、Rippleを国際決済サービスとして使用していくと発表した三菱UFJ銀行の動きにも着目していこう。