杭州インターネット裁判所は28日、電子情報ネットワーク送信権侵害の紛争事件について公表を行いました。杭州のインターネット裁判所の関係者は、ブロックチェーンなどの技術的手段を採用するために固定した電子データを実行することについて、開放的で中立的な態度によって個人情報分析認定を行います。ブロックチェーンなどの技術自体が現在の新しい複雑な技術手段に属していて、その認定基準を拒絶したり、改善したりすることはできないですし、その技術が改竄しにくく削除できないという特徴によって認定基準を下げ、電子データの関連法律によって、その証明書の効力を総合的に判断する必要があります。