先日、ゴールドイーゴファンドにより米ドルにバンドしたUSDMステーブコインが発表されました。IMO取引所及びIMOウォレットなどに使われるとなっている。

Tetherが発行するUSDT安定コインには、BTCERC20、およびウェーブフィールドTRC20に基づき、保存されたアドレスから判断できる3種類があります。ただし、通貨サークルと連絡を取り合っているXiaobaiの場合は、譲渡の間違いしやすいため、ユーザーの財産が失われ、使用が不便になります。   たとえば、BTCとイーサリアムに基づくUSDTに基づくと、両者は互換性がなく、相互にお金を転送することはできませんが、表面上はすべてUSDTです。 これに基づいて、IMOエコプラットフォームは、プラットフォームの安定化通貨USDMをリリースし、IMOの生態学的循環と開発をサポートしています。

USDMは、プラットフォームを安定化した通貨で、IMOEX取引プラットフォームとIMOウォレットで使用され、米ドルを固定してUSDT 11と交換します。 IMOの開始以来、価格は安定しており、安全で便利であり、ユーザーに好まれています。また、目的は、デジタル通貨と法定通貨の競合および流通の適時性を解決することであり、USDMの誕生は、IMOエコロジー開発およびその他のプラットフォームプロジェクトの開発に強力な安定性保証も提供します。   IMOは高品質のプライベートプレースメントプラットフォームとして、高度な数学的モデル(モデル)を採用して、プロジェクトのプライベートプレースメントと市場マクロ制御をさまざまな段階で制御します。状況によって投資するか撤回するかが決まり、投資リスクが大幅に減少します。   同時に、IMOはウォレットを取引所と結合し、ウォレットに私募を導入し、取引所で破壊メカニズムを買い戻し、プライマリ市場とセカンダリ市場の価格差の利点を提供します。プラットフォームは、プロジェクトの品質と可能性を確保するためにプロジェクトを厳密に制御および選別し、投資家に柔軟な投資方法を提供します。   新しいプロジェクトが成功裏に資金を調達し続けている間、IMOEX交換の能力は拡大しており、生態学的な循環全体が加速しています。そのような状況では、通貨を安定させ、プラットフォームの通貨を安定させる必要があります。