内容概要:ヨーロッパ中央銀行はCodaプラットフォームを利用して、中央銀行のデジタル通貨の匿名性を探る概念証明(PoC)を開発しました。匿名券を利用して、身分を暴露しないで低価取引を処理することができます。ヨーロッパ中央銀行の報告では、このシステムを実施する前に、中央銀行はさらに多くの研究活動を行う必要があります。12月1日9日のニュースでは、ヨーロッパ中央銀行(ECB)は昨日発表した最新の報告書の中で、匿名の中央銀行のデジタル通貨の概念証明を概説し、RBAのデジタル通貨はプライバシーとコンプライアンスを結合しようとしている。
この計画は分散型帳簿技術プラットフォームCodaを通じて開発され、当該技術に基づく概念証明に基づいて設立されたということです。
このPoCプロジェクトの核心は、小口取引を行うユーザーが匿名券を使うことができるため、彼らの身分を明らかにする必要はなく、より多額の取引は、AMLCFT検査を行う必要があります。
報告書では、「概念証明によると、Codaプラットフォームを利用して、低価値取引がユーザーのプライバシー保護を実現することができ、高価値取引が強制的なAMLCFT検査を受けることを確保するために、簡略化されたCBDC支払いシステムを確立することができる。
ヨーロッパ中央銀行のデジタル通貨PoCにはどのような要素がありますか?この概念証明(PoC)は、4つの機関を想定しているという。中央銀行、2つの中間機関、および1つのアンチマネーロンダ(AML)機構。これらは、Coda分散アプリケーションノードを実行している。
このうち、中央銀行は直接にユーザーを搭載したり、CBDC単位を発行したり、CBDC振替を監督したりしませんが、中間機関はユーザーとの関係を維持し、取引を処理し、帳簿の記録を保留します。
このシステムの鍵は、いわゆる匿名券を使うことです。
報告書によると、各ユーザーはネットで仮名を使っています。彼らは毎月一定数の匿名チケットを受け取ります。
ユーザーが低い価値の取引を処理する時、彼らは券を使うことができて、中央銀行あるいは中間機構にその個人情報を漏らさないようにします。
一方、ユーザーが行った高価値取引がシステムの許可を超えた匿名振込の金額を超える場合、専門のアンチマネーロンダリング機構は取引データを監督し、取引が現在のコンプライアンス基準に合致することを確保し、マネーロンダリングとテロファイナンスを監視します。
ヨーロッパ中央銀行のデジタル通貨の改善が必要な地方ヨーロッパ中央銀行の報告は、提案システムを実際の世界応用として検討している時に直面するいくつかの課題についてです。
まず、これはより良い取引検証メカニズムを必要とし、より多くの機密性を可能にする。
現在、転送取引を検証するには、中間機関は、CBDCユニットとの関連付けられたすべての過去の取引を確認する必要があります。
この問題を解決するために、ヨーロッパ中央銀行は「チェーンカット」の機能を導入して、関連していない方に見える情報量を減らすことを提案しています。
次に、指定された中間機構が利用できない場合、ユーザはその残高にアクセスして取引を開始する必要がある。
この改良は、ユーザがモバイルウォレットなどの専用デバイスにその鍵を格納することを許可するか、またはシステム内の他の中間構造がそのCBDC単位を処理することを許可することによって実現され得る。
また、ヨーロッパ中央銀行は、システムがより多くのプライバシー強化技術を必要とし、リアルタイムの全額決済(RTGS)システムとの相互操作性と、PoCの実際の拡張可能性についての分析を深めていると述べました。
不確実な監督管理環境は長い間、人々はヨーロッパ中央銀行が自分のデジタル通貨を発行するべきかどうかを論争してきました。
先週、ヨーロッパ中央銀行のクリスティーナ・ラガルド総裁は記者会見で、ヨーロッパ中央銀行はデジタル通貨の面での努力を加速するべきだと述べました。
しかし、EU当局もかなりの抵抗に直面しています。
12月初め、EU各国の財務相は、法律と監督管理のリスクが十分に解決される前に、全世界の安定貨幣の発行を許可してはいけないと断言しました。ヨーロッパ中央銀行の前行のトリシェ総裁も彼のデジタル通貨に対する強い立場を発表しました。