bitcoinistによると、イギリスの金融タイムズによると、デジタル通貨ヘッジファンドは2018年にはすでに35 %減少しており、これは2017年の収入の約27 %と鮮明なコントラストを形成している。2018年4月までに9社が倒産し、25社のデジタル通貨ヘッジファンドのうち8 %が黒字だった。普華永道(PwC)デジタル通貨責任者Henri Arslanian氏は、予測可能な将来において、デジタル通貨市場が安定してはいないことを示している。個人投資家は、デジタル通貨市場の変動を不利な要因としている可能性があるが、多くのデジタル通貨ファンドは、それをチャンスとしている。