数日間の調整を経て、ビットコインは失地を回復し、再び12500ドルの上に立ちます。
今日、ビットコインは再び昨日の上昇を続けて、11750ドルから12750ドルに上昇し、1日の利益は8%近くに達しました。
これを受けて、ビットコインの時価総額は全世界の暗号化された貨幣の時価総額を一度に63.9%まで上昇し、年内の最高値を更新しました。
前回と同じように、今回のビットコインは暴騰して再び吸血主流貨幣を使います。
ビットコインの主導で主流の貨幣が値上がりしましたが、ETH、LTCなどの少数貨幣だけが値上がりしました。残りの主流貨幣は依然として揺れの空間にあります。
今年は数字通貨市場全体が強者恒強、弱者恒弱の局面を呈しています。ビットコインだけが優れています。投資ビットコインは最も正しい選択となりました。
実際にもそうです。Loghash統計によると、ビットコインが誕生した3837日間のうち、わずか60日間だけは投資に適していないということです。
これは、前の任意の時点でビットコインを買ったら、今までの利益率は98.4%です。
過去5年間のデータを集計するだけで、ビットコインの買い手は依然として96.7%の収益率を持っています。
バイヤーが赤字状態にある60日間のうち48日間は2017年末2018年初めの暗号資産バブル期です。
つまり、前回の牛市の中にいない限り、一番高いところでビットコインを受け取ります。今までもらえば、まだ利益があります。
これは定投と長持のメリットが現れています。普通の投資家にとって、最大限の利益を得ようとするなら、一番いい選択は定投で、短期価格の変動によるリスクを分散させることに有利です。
もちろん、一番大切なのはしっかりと持っていくことです。誰もがこの道理を知っていますが、本当にこの理念を貫くことができる人は少ないです。
今年に入ってから、伝統的な金融機関はビットコインに対する態度の変化が特に顕著で、多くの伝統的な金融機関が次々とビットコインに入ってきて、ビットコインデリバティブ取引を開始し、機関投資ビットコインの意欲もより強くなってきました。
一つの明確な転換は、最近の評価はビットコインの評価をAに引き上げたことである。一方、暗号化された通貨の評価が始まったばかりの時、ビットコインの評価はC+だけである。
孫宇晨が言ったように、ビットコインを買う一番いい時期は10年前、次は今です。
現在のビットコインは12500ドルに戻り、今後の動きについては、暗号化された通貨アナリストのCoute氏によると、現在のビットコインの動きは良好であり、12700ドルを安定させることができれば、本船は以前の圧力の位置に衝撃を与える可能性があるという。
本論文は投資提案を構成しない。