「2020年はビットコインが『4年で半減』するという重要な機会です。ビットコインをしっかりつかんでください」という話をよく耳にすると思いますが、一体何が「4年で半減」ですか?ビットコインの価格と何か関連がありますか?多くの人がこのことについて生半可な理解を持っていると思いますが、今日は専門的にこの問題について話してみます。
歴史的なデータから研究して、四年半前の半分ぐらいは価格が回復します。熊市を出て、牛市の下準備期間に入ります。半減後の一年は波澜万丈の大牛市を出て、歴史的な高値を更新します。三回目の半分はどうやって演繹しますか?期待に値する
四年半とは?みんなはすべて知っていて、ビットコインとフランスドルの最大の違いは、各国の中央銀行が発行し、監督管理、ゴールドは無数の鉱山が採掘し、既知の埋蔵量が限られているため、非常に希少で、掘るほど少ないので、希少価値があります。
2009年中に本聡がビットコインを設計する時、金の採掘、価値保証の原理を参考にして、まずコンピュータプログラムによってデッドビットコインの最高上限は2100万枚で、更に全世界の数万人のコンピュータ(鉱山労働者)によって相応のプログラムを実行させて奨励を獲得して、ビットコイン交易を記録して、その正確性を検証します。鉱山を掘るために、今の難易度によって、みんなは10分ごとに一定量のビットコインが発生します。
2、ビットコインのブロックチェーンは210,000個のブロックを増やすごとに、ビットコインの一回の生産量は50%減少します。簡単に21万回の採掘の後、奨励が半減されると理解できます。この過程は約4年です。だから、簡単に4年に一回は半分にして、50、25、12.5、6.25から…。現在、ブロック奨励は12.5 BTCです。
ビットコインの次回の減産は2020年5月に発生する予定で、ブロック奨励は6.25 BTCに下がる予定です。
ビットコインの数を制御するために、ある期間に多くの掘り出されないようにします。そうすると、需給が急に増大して、需要を大幅に超えたら、ビットコインは価値がありません。
これに対し、エーテル坊の創始者であるV神は、こう言っています。あなたもこの規則を黄金と比較してもいいです。金は地球上の総量が固定されています。現在の採掘の難しさはますます大きくなっています。これらの原因によって、金は数千年にわたって流通しています。今も価値が安定しています。国際的に認められた価値交換の媒介者になります。
ビットコインもいいです。
最近の黄金の100年余りの動きを示す図です。これもなぜ、短期の変動を無視して、ビットコインが長期的に上昇するという内在的な理由が多くなっているのでしょうか?
言い換えれば、中本聡はこのようにしてビットコインの総量を一定にして、採掘速度を一定にして、ずっとデフレ状態にあります。総量は掘れば掘るほど少なくなります。そして四年間の生産量もだんだん少なくなります。そのビットコインの価値はますます高くなります。みんなの認識は増大して、法貨のインフレはまた不安定で、ますますの人がBTCを1種の長期的な価値保証の手段にすることができて、たとえばベネズエラは法貨が完全にお金に値しないため、BTCを使って支払います。
長期的には、ビットコインのインフレ率は常にナイフの差をカットし、下の図のように、青い線はBTCの掘り出し量で、黄色の線はBTCインフレ率です。
現在、ビットコインの年間インフレ率は3.8%に近く、来年の生産量は半減してビットコインのインフレ率を1.8%まで低くします。
機械によってコントロールされたインフレは、明らかに中央銀行よりスペクトルに頼ります(理論的に)。
「四年半」とビットコインの価格の関連が原理を明らかにしましたが、なぜ「四年半」が大牛市をもたらすと考えられているのでしょうか?表面の認識では、4年ごとにビットコインの供給は大幅に減少しますが、人々の認識と好みはますます高くなり、需給は需要よりはるかに少なくなります。いわゆる希少価値です。だから、生産量は多くのビットコインを獲得するために、より高い価格を支払わなければならないので、価格は大幅に上昇します。
上記の文章でも、ビットコインはすでに二回「四年で半減」されましたが、二回もこの時間帯にスーパーブルが発生しました。
しかも動きは非常に固定されています。ほとんどが半分ずつ前の年です。
図:202.18初回半減図:2016.7.9第二次半減図です。だから、ビットコインの価格はいつも生産量が半減される前の年に、熊市から回復します。
そして、生産量が半減されてから一年、一波の大牛市を出て、歴史的な高値を更新しました。だから、三回目の半減に期待しています。
ビットコインの動きは予想されていますか?偶然のことに、今回の半減は2020年5月に予定されていますが、2017年の高値の後、熊市に入り、2019年3月から徐々に熊市を出てきます。もちろん偶然かもしれません。
また、今年公開された莱特幣も8月の減産を題材にしたもので、機関によって爆発され、長年ひっそりと静まりかえっていた小種である。ましてビットコインは、信仰を捨てて、価格の高騰や利益を期待する機関がこの絶好の宣伝を放棄することは絶対にない。
これはいわゆる四年半の牛市の規則です。分かりましたか?