CCNが引用したTelerur地元メディアの報道によると、ベネズエラの生態環境と住宅大臣であるイルデマロ・ヴィラロエル氏は最近、政府が石油に裏打ちされたデジタル通貨のペトロ(Petro)を住宅建設の資金に使う予定であることを明らかにしたという。これらの住宅の融資は、住居のない家族のためのまともでバリアフリーの住宅ソリューションを提供する、国の住宅プロジェクトGMVVの一部となっている。ベネズエラのマドゥロ大統領は、新しい住宅建設に750億ボリバル(約75万米ドル相当及び90.9万枚のペトロ資金を使用することを承認した。