仮想通貨市場は、控え目に言っても2017年ほどの勢いはない。現物取引で、大きな利益を上げることは現実的には難しい部分もある。ビットコインの市場の立ち位置は、大きく変化しなかったものの、時価総額ランキングには、2017年と比較しても非常に大きな変動があった。

 

例えば、Ripple が時価総額で2位に浮上したこと、仮想通貨市場への不安から法定通貨とペッグしたステーブルコインが時価総額ランキングのトップ10に入ったことは大きな変化だと言えるだろう。

 

そのうえで、ケンブリッジ大学のオルタナティブ金融センターは、2017年と比較しても仮想通貨ユーザーが増加したという研究結果を発表した。

 

・仮想通貨ユーザーの増加について

オルタナティブ金融センターが発表した仮想通貨の本人確認済みユーザーは、2017年では1700万人だった。しかし、2018年に入り、市場としてあらゆる通貨の価値が停滞気味であるのにも関わらず、1800万人ほどの人々が増加し、現在では3500万人ほどのアクティヴユーザーが仮想通貨市場に存在すると発表した。

 

簡潔に言えば、2017年の仮想通貨市場の値動きや今後のブロックチェーンにおける発展性に対して、楽観的な姿勢からユーザーが増加したと見られる。また、ユーザーの傾向としては、個人投資家や投機を目的としたユーザーが2018年に多く参入したと言っていい。

 

実際に、仮想通貨のユーザーは、企業ではなく個人が多い。仮想通貨に不足していると言われる機関投資家も今後、仮想通貨サービスの台頭によって参入してくることが予想できるだろう。また、投資方法や支払い方法においては、既存のサービスでは解決できないものをブロックチェーンや仮想通貨が解決する可能性も持っている。

 

今後どのようなサービスが仮想通貨市場の主流となるのかは不明である。しかし、多くのユーザーや新しく仮想通貨市場に参入した人々は、仮想通貨市場の可能性を信じているといえるだろう。

 

たとえ、それが投機目的であったとしても仮想通貨の取引が活発化することによって、一般社会に対しても強い影響力を持つことになると予想可能だ。そのため、今後の仮想通貨市場のユーザー数の増減は、市場の勢いを示すものだと言える。