译文:Robet Steves訳者:Azumソース:Odaily星日報BTC.comデータによると、現在のブロックの高さと出庫速度に基づいて計算すると、ビットコインはUTC時間5月12日9時28分に第3のブロックの奨励が半減される見込みで、ブロック奨励は12.5 BTCから6.25 BTCに下がる予定です。
長期的には、暗号化された貨幣コミュニティは、半減後の貨幣価格の動きに対して高い期待を持っていますが、暗号化研究機関のCytoCompeは最新の報告書で、来月の半減はこれまでの2012年と2016年の前の2回の半減とは全く違っています。
多くの理由がありますが、半減と値上げを結びつけることができます。例えば、これまでの2回の半減がBTC価格の暴騰を促しました。
理論的には、ブロックの減産奨励は採掘のコストを大幅に高め、需給天びんが次第に傾いて、貨幣の価格を押し上げることになります。
たとえば、投資家たちは今回の半減に対する興味は明らかに大きいです。
Googleのトレンドデータを見ると、半減期が近づくにつれて、今回の半減に対する関心が高まっており、2016年のデータを上回っています。
ビットコイン及びすべての暗号化された貨幣の認知度は大幅に向上しました。各国の中央銀行も、通貨を使って代替または補充することを考えています。
ビットコインが「デジタルゴールド」かどうかの検討もますます激しくなっています。
貨幣の価格はきっと半分にして上がりますか?CyptCompeは「今回の半減後、BTCの価格が大幅に上昇することは見られないかもしれません。
「CyptCompeは、まず、2020年のBTC日の取引量は2016年、2012年よりずっと高く、市場参加者の種類がより豊富で、大型機関はすでに入場しています。この分野には、より成熟した取引所とより完璧な派生品市場があります。
CyptCompe研究主管のCostatie Tavliis氏は、「市場はより成熟し、効率的になっていることを意味する。市場は今後のイベントに対する価格設定の面でより成熟しており、市場上に存在する可能性のあるいかなる裁定の機会も早く消化されるだろう」と述べました。
報告書のデータによると、2016年には、取引所内のBTC日の取引総額は通常10億ドルを超えないということです。
しかし、今の取引量はすでにこの水準をはるかに超えています。3月13日、つまり黒い木曜日の後の一日、各取引所の取引総額は216億ドルに達しました。
もう一つの大きな変化は、いくつかの鯨と比べて、半減の影響を最も大きい鉱夫集団が今回の半減における影響力が2012年、2016年よりも弱まっていることです。
CyptCompeデータによると、鉱夫の行動は2016年の半減後のBTC価格の動きの中でより大きな役割を果たしています。BTCを販売する鉱夫を選択することで当時の市場上最大の売り圧力を構成しています。
CyptCompeはさらに、オプションの市場上も少し手がかりがあると見ています。市場は現在、「BTC価格の下落がより懸念されています。上りではなく、BTC価格の下落がもっと心配です」と話しています。
この状況の原因の一部はBTCが3月に主流市場と一緒に暴落したことがあります。
『ブラック・木曜日』の期間はBTCの価格が腰に近いです。最近になってようやく影が出てきました。
もし似たようなことがまた起きたら?半減近くなると、BTCの価格は外部の衝撃によってこのような大きな変動が現れ、これは大幅に半減の影響を相殺した可能性があります。
Tsuavliis氏は、「現在のオプション市場は、リスク回避の傾向があり、多くの鉱山労働者も保護的な弱気オプションを購入して、自分がBTCを持つリスクを最小限に抑えることができます。
」CyptCompeは最後に、鉱山労働者でさえBTCの価格が上がると信じられないなら、半減効果はすでに価格に反映されているという十分な理由があると指摘しました。