coinbase は世界でもトップクラスの仮想通貨取引所であり、Ripple が正式に取り扱われることでも話題となった。

 

そして、2019年4月2入りcoinbase のアームストロングCEO は、仮想通貨が普及するための条件について述べた。アームストロング氏によれば、ボラティリティ、スケーラビリティ、ユーザビリティが重要だと発言している。

 

ボラティリティに関しては、2018年の1月以降は停滞と言っても過言ではない様子を見せつつも、価値の大きな変動は、今後も続く可能性がある。その上で、デジタル資産である仮想通貨と法定通貨の両方の特性を持ったステーブルコインに対して投資家の注目が集まっており、価値が安定するための仮想通貨が市場に必要だと述べた。

 

また、スケーラビリティ関してはcoinbase でも研究を重ねており、市場で最も使用されている仮想通貨であるBitcoin のスケーラビリティの改善も可能だと述べた。現状では、VISA やPayPal などの支払いシステムに対して仮想通貨のシステムが処理速度でもあさっているものは限りなく少ない。そうした現状を踏まえた上でも、スケーラビリティの改善は仮想通貨にとっては命題だと言っても過言ではないだろう。

 

そして、ユーザビリティに関しては、仮想通貨取引を始めるための難易度が高く、使い勝手としてはあまり良くないことを指摘した。簡潔に言えば、手軽な送金やサービスの支払いにビットコインやアルトコインを使用できる環境はまだない。

 

アプリを導入することによって解決できる可能性があるものの、現状ではデバイスの脆弱性などを加味しなければならないため、多くの人々が有効的に仮想通貨を使用するための難易度は非常に高い。

 

そのような状況の中でも、アームストロング氏は仮想通貨の未来が好転することを願っている。今後coinbase として仮想通貨市場をとのように盛り上げていくのかは、不明であるものの仮想通貨市場と一般的な社会の繋がりがより強いものにならなければ、仮想通貨は消えていく可能性がある。そのため、仮想通貨の技術や現在の問題点などを踏まえたうえでどのように課題が解決されていくのか、チェックしておこう。