英有力紙BBCが24日に報じたところによると、フェイスブックが2020年をめどに独自仮想通貨を発行する予定だという。また、Financial Timesによれば、現在はジェミニやコインベースと業務提携の準備を進めているという。


Facebookが独自仮想通貨を発行か

BBCの報道によると、フェイスブックは2020年第一四半期をメドに独自仮想通貨「グローバルコイン」を発行する予定だという。年内には試験的に運用を始めるとのこと。一部ではステーブルコインと同じになるとの憶測もあるが、詳細は明らかになっていない。また、送金だけではなく、グローバルコインは決済利用でも準備が進められているとのことだ。これまで公式発表がないままメディアでリーク情報などが多く報道されてきたが、BBCによると、今夏に詳細の情報を発表する予定だ。BBC以外にも海外経済メディア「Financial Times」がこれを報道。同メディアによると。フェイスブックは現在、通貨の取引や保管に関してコインベースやジェミナイとの事業提携を進めているという。また、マーケットメイクについて、JumpとDRWというシカゴを拠地とする企業と商談を進めているとのことだ。


Facebookと仮想通貨の関係

Facebookと仮想通貨の関係についてはこれまで公式の発表がないものの、多くのメディアで報じられてきた。今年5月にはウォールストリートジャーナルが、決済システムの構築を「リブラ」というプロジェクト名で進めていると報じたばかり。今年2月にはニューヨーク・タイムズが「Facebook・コイン」を取引所に上場させるために、取引所と交渉していることが報じられた。なお、今回の「グローバルコイン」と「Facebookコイン」の関連性は不明である。昨年12月には、ブルームバーグはFacebookが運営するメッセージアプリ「WhatsApp」で利用する仮想通貨の開発を行っていると報じた。これらの報道一連の報道は、今回報じられた「グローバルコイン」の一端とみてよさそうだが、公式の発表があるまではその動向を注視したほうが良いかもしれない。